保育士の試験・資格・求人募集のニーズ

保育士とは、保育所などの児童福祉施設で子どもたちの健やかな成長を育む人のこと。

一般に幼稚園でも保育所でも「先生」と呼んだりするが、前者が教育職であるのに対し、後者は福祉職である。

かつての正式名称は「保母」である。
男性の場合を保父さんと呼ぶのはあくまで俗称であり、保育士に名称が統一されたのは1999年のことである。

そんな保育士の社会的ニーズは、少子化かますます進んでいることを考えれば、低くなっていくと思えなくもない。
しかし実際は逆である。
厚生労働省の調べによると、保育所を利用する児童の数は、1996年で約160万人だったが、2006年には200万人を越えた。
わずか10年間で40万人増加したわけだが、それに伴って保育所の数も、そして保育士の数も増えている。
しかもそれは、人手が足りないほどニーズが高いのである。

保育士試験を受け資格を所得する為に専門学校通信教育に通う人が増えています。
また、保育士求人募集も多く、仕事としてのニーズも高いです。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。